FC2ブログ
前回はおもてなしでしたが今回はいらっしゃいの由来・語源について調べてみました


つい先日、「いらっしゃいませ」について話をする機会があったからなんですけどね~


先ずは前回のブログを見てない方はまずはこちらからどうぞ~

おもてなし


来るの尊敬語「いらっしゃる」の連用形「いらっしゃり」のイ音便「いらっしゃり」に、丁寧の助動詞「ます」の命令形が付いた「いらっしゃいませ」「いらっしゃいまし」が略されたもの。
本来は命令・要求の言葉として「おいでなさい」の意味で使われていたもの。


だそうです


ココで疑問が浮かんできます


接客業にとって「いらっしゃいませ」は当たり前なのか??


人同士の挨拶は「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」でも、来店したら「いらっしゃいませ」


お客様は神様と思ってるから尊敬語??


あるお客様が言いました。


「ここはいらっしゃいませって言わないの」


「普通、お店に行ったらいらっしゃいませと言われるんだけどこんにちはだけで接客業としてどうかと思う」


・・・どんだけ~


って感じですね!!


お客様は神様だと思っているから接客がと言うのでしょうが



お客様は神様ではありませんよ


当たり前ですけどね(笑)


でも、多くの接客業をしている方がそう思ってるのも事実


美容院は技術を提供する場であり、お客様はそれを買いに訪れます


この時点でフィフティーの関係でしょ?


更に言えば、「髪が伸びてまとまらない」や「白髪が気になって染めたい」など問題が起きているから改善したい訳です


「怪我をしたら病院に行きますよね?」


病院は「いらっしゃいませ」と言うでしょうか??


答えはNo!!


僕は聞いた事ないですね


美容院は髪の病院と考え仕事をしています


病院に行ったら問診、触診をし治療を行います


美容院に行ったら??


問診、触診して施術に入りますよね!!


同じですよ


国家試験を通過し免許を取得しなければ施術できない点も同じです


でも、お客様にへりくだり自分がコレが似合うと思うスタイルも提供出来ずお客様任せな美容師が多いからこそ美容師は「美容師さん」止まりなんですよ


僕らの仕事はお客様の悩みを改善しそれ以上の結果を提供する事


コレが美容師の仕事です!!


病院のようにハッキリと治す方法を提案したらいいじゃん!!


髪のプロなんだから堂々としてたらいい


フィフティー以上にならなければと僕は考えています!!


毎日の悩みを改善する訳ですから美容師ってすごい事やってると思いますけどね~


ただ、気持ちのいい挨拶や感謝の気持ちは必ず表現しますよ!!


横柄な態度などは論外ですよ


綺麗になりに来てるのに病院のように暗~い雰囲気になってしまいます


あくまで美容のプロとしてお客様よりリードしていなければならないだけ!!




熱くなって、いらっしゃいませから大分脱線しました・・・


普段使っている言葉の語源や意味を調べると面白いですね~


(雑な締め方ですみません)



沖縄ブルーム3店舗元気に営業中です♪
【ブルームK2浮島通り店】
Add: 沖縄県那覇市松尾2-5-1 2F
Free Dial: 0120-59-6669
Phone: 098-863-9666
Mail: ukishima@bloom-group.co.jp
Open: 10:00~17:00
Close: 日曜日・祝日
Parking: 近隣有料有(駐車料金一部負担)
【ブルームK2泉崎本店】
Add: 沖縄県那覇市泉崎1-15-6 2F
Free Dial: 0120-56-9696
Phone: 098-869-9696
Mail: izumizaki@bloom-group.co.jp
Open: 10:00~17:00
Close: 日曜日・祝日
Parking: 近隣有料有(駐車料金一部負担)
【ブルームK2国際通り店】
Add: 沖縄県那覇市松尾2-1-1 2F
Free Dial: 0120-14-9696
Phone: 098-861-9696
Open: 10:00~17:00
Close: 日曜日・祝日
Parking: 近隣有料有(駐車料金一部負担)
2015.09.05 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://bloomeijiro.blog.fc2.com/tb.php/956-9cfd899b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)