FC2ブログ
最近、SNSなどで拡散されている「イブプロフェン系の薬は危ない」という情報

正直、薬にうとい僕は????しかなくイブプロフェンとは?からの状態なので

調べるのは1から・・・

自分の無知さに呆れてしまいます・・・まぁ調べればいいけどw


先ずは、情報から

「欧米で亡くなっている方達の特徴として、イブプロフェン系を服用している方が多く、回復した方は服用していないケースが多かった」


との事・・・

ホンマかいな・・・


風邪と思ってとりあえず風邪薬飲んどこ〜みたいな事が、容態を悪化させているという事ですね


イブプロフェン系の特徴は

「炎症や痛みの原因とされるプロスタグランジンの産生を抑制することにより、炎症や痛みをやわらげたり、熱を下げたりします。通常、関節リウマチ、関節痛、神経痛、背腰痛、頸腕症候群、月経困難症、手術・外傷後などの消炎・鎮痛、急性上気道炎の解熱・鎮痛に用いられます。」


日本で販売されている薬では

バファリン・イブ・ロキソニンに入っています。

熱が出てしまったり、生理痛がひどい時に飲んだりするみたいですね。


ロキソニンは痛み止めとして処方されますね〜

痛かったら何も気にせず飲むかも・・・


そしてこの情報は、確定的な情報ではなく話題のWHOが情報を調べている最中みたい

で、真偽は定かではないが服用はしない方がいいという事です。


結論から言うと「服用しない」方が安全かも

という、なんともハッキリしない結論がw


もし、コロナではなく違う理由で薬を服用する場合は

イブプロフェンではなくアセトアミノフェンを推奨との情報も


アセトアミノフェン系は

「体水分の移動と末梢血管の拡張により発汗を伴う解熱と、視床と大脳皮質の痛覚閾値の上昇により、熱を下げ、痛みを緩和します。通常、頭痛、腰痛症、歯痛、変形性関節症などの疼痛、急性上気道炎、小児科領域における解熱・鎮痛などに用いられます。」


日本で販売されている薬では

ノーシン・セデス・ナロンなどが入っています。


生理痛とは書いていないけど、痛みや熱を和らげてくれる効果があり

イブプロフェン系と似た効果は得られるみたい



もし、薬を服用する場合はウィルスを保持している可能性を考慮して

「イブプロフェンではなくアセトアミノフェンを服用する」という事が

少しでも危険性を下げるのかもしれませんね


鵜呑みにする訳ではないけど、

選択する知識として知っておいたほうがいいでしょうね


一番は、お医者さんに処方してもらうのがいいんでしょうけど

病院に行くのも怖いしね・・・


みなさん、お気をつけて🤓
沖縄ブルーム3店舗元気に営業中です♪
【ブルームK2浮島通り店】
Add: 沖縄県那覇市松尾2-5-1 2F
Free Dial: 0120-59-6669
Phone: 098-863-9666
Mail: ukishima@bloom-group.co.jp
Open: 10:00~17:00
Close: 日曜日・祝日
Parking: 近隣有料有(駐車料金一部負担)
【ブルームK2泉崎本店】
Add: 沖縄県那覇市泉崎1-15-6 2F
Free Dial: 0120-56-9696
Phone: 098-869-9696
Mail: izumizaki@bloom-group.co.jp
Open: 10:00~17:00
Close: 日曜日・祝日
Parking: 近隣有料有(駐車料金一部負担)
【ブルームK2国際通り店】
Add: 沖縄県那覇市松尾2-1-1 2F
Free Dial: 0120-14-9696
Phone: 098-861-9696
Open: 10:00~17:00
Close: 日曜日・祝日
Parking: 近隣有料有(駐車料金一部負担)
2020.04.16 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://bloomeijiro.blog.fc2.com/tb.php/2266-38c2a8d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)