FC2ブログ
こんばんは~岡山ブルームのエイジロウです。


今日は”真意を見抜く”について・・・


先日のブログでも少し書きましたが真意を読み取れるかどうかがとても重要で、もし読み取れない真意だったら受け取る側にも問題はありますが発信側にも問題があることが多いんです


例えば、先日もお客様と話をしていてヒートアップしたのが「ゆとり教育」について


この問題、よくヒートアップしちゃうんですよね・・・笑


2002年から始まったこの教育制度。事あるごとにゆとり教育だからと言われてきた1987年生まれからの世代を「第一次ゆとり世代」と呼ばれてます。2012年に制度が変わるんですが、終わるまでの10年間でいったいどれだけの親、子供、学校が「ゆとり教育」の真意を理解していたのか・・・


ゆとり教育(文部科学省が指定した正式な名称でない)は、知識重視型の教育方針を詰め込み教育であるとして学習時間と内容を減らし、経験重視型の教育方針をもって、ゆとりある学校をめざし、1980年度、1992年度、2002年度から施行された学習指導要領に沿った教育のことである。(Wikipediaから抜粋)


簡単にいうと、学習時間を減らす分、教育側は授業内容を工夫し短時間でわかりやすい授業をする。家庭側は少なくなった学習時間の分、子供の感性や経験値を高めるために習い事にいったり、山登り、美術館など普段させれてない事をさせてあげる。そうする事で時間も短縮でき経験値や感性も高まるという一石二鳥なシステム


学校側、家庭側、どちらにもメリットがあるはずのこの制度なのに、良いイメージを持ってないんじゃないですか?それが”真意”というものを両方が読み取っていない結果なんです。先生も親も大人なのに、政策に興味を持たず理解していない。子供ならわかりますよ。考える力が備わっていないから。


でも、大人は・・・考える力は備わっているはずなんだけどな・・・


小学校で先生をしている人に聞きました。「ゆとり教育いいてどんな意図か知っていますか?」と・・・結果は「知らない」との回答


まぁこれが教育現場の現状です。ゆとり教育をやめれば授業時間が多くなりこれ以上は働けないと言っていました。その方は若かったのでなんとも言えませんが大人の工夫が足りない結果が授業時間の増加な訳ですから致し方の無いことじゃないかな。限られた時間を効率よく使えばなんの問題も無かったのに・・・


大人が失敗したのにゆとり世代だからと言われてる今の若い子達が可哀想


美容師に置き換えてもあります。予約が一杯の日も暇な日もお客様にいただく時間は同じな訳ですが能天気美容師は暇な日はいつもより時間をムダかけます。メニューを増やして時間がかかるのはわかりますが、メニューは同じでダラダラして時間をかけるのは”仕事が出来ない奴”の典型


学校の先生も”仕事が出来ない奴”の集まりなんですかね?授業時間を減らして効率よくできない訳ですから。もしくはちゃんと政策を知っていれば出来たんですかね?わかりませんけど、公務員だから安定しているという理由で先生をしている人は世の中に沢山います。公務員を目指す人の理由を聞いたら大半はそういいますから


そんな考えで仕事をしてたら、更に国の未来を作る職業についていたらと思うと・・・日本の未来にゾッとします


だからもっと”仕事が出来る人”を沢山雇用して欲しいですし、そんなに人材確保できないでしょうから政策を末端まで落とし込んで実現させて欲しいですね。なんにせよ受け取る側、発信する側の両方が真意を汲み取って工夫する事が必須です・・・


真意を見抜く目・・・人生において大切です
沖縄ブルーム3店舗元気に営業中です♪
【ブルームK2浮島通り店】
Add: 沖縄県那覇市松尾2-5-1 2F
Free Dial: 0120-59-6669
Phone: 098-863-9666
Mail: ukishima@bloom-group.co.jp
Open: 10:00~17:00
Close: 日曜日・祝日
Parking: 近隣有料有(駐車料金一部負担)
【ブルームK2泉崎本店】
Add: 沖縄県那覇市泉崎1-15-6 2F
Free Dial: 0120-56-9696
Phone: 098-869-9696
Mail: izumizaki@bloom-group.co.jp
Open: 10:00~17:00
Close: 日曜日・祝日
Parking: 近隣有料有(駐車料金一部負担)
【ブルームK2国際通り店】
Add: 沖縄県那覇市松尾2-1-1 2F
Free Dial: 0120-14-9696
Phone: 098-861-9696
Open: 10:00~17:00
Close: 日曜日・祝日
Parking: 近隣有料有(駐車料金一部負担)
2016.01.21 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://bloomeijiro.blog.fc2.com/tb.php/1086-237e6d13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)